Itachici(イタキチ)
古いイタリア産バイクと気に入ったバイク・小物等をちょっとづつ見つけて紹介していけたらいいなぁ。 はて、いつまで続くやら・・・・


PROFILE
italia175
  • Author:italia175
  • Itachici(イタキチ)ブログへようこそ!
  • RSS1.0


  • CALENDER
    05 | 2008/06 | 07
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • ツーリング(04/18)
  • イベント参加のすすめ(05/22)
  • MOTOBI 250 Sport Special(11/17)
  • Ceccato monoalbero corsa 75&100 その3(10/01)
  • Ceccato monoalbero corsa 75&100 その2(08/28)


  • RECENT COMMENTS
  • italia175(12/08)
  • IT弁護士 藤田(12/07)
  • italia175(04/15)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2005年07月 (46)
  • 2005年08月 (47)
  • 2005年09月 (28)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年12月 (1)
  • 2006年01月 (2)
  • 2006年02月 (1)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年09月 (13)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2007年01月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年09月 (1)
  • 2008年01月 (1)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2010年01月 (1)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年08月 (1)
  • 2011年10月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)


  • CATEGORY
  • イタキチとは (1)
  • アエルマッキ Aermacchi (9)
  • ベネリ、ベータ、バルタリ Benelli,Beta,Bartali  (11)
  • ビアンキ、カプリオーロ Bianchi,Capriolo (8)
  • チェカート Ceccato (3)
  • デム、ドゥカティ Demm,Ducati (10)
  • ガレリ、ジレラ、グァッツォーニ Garelli,Gilera,Guazzoni (10)
  • モトグッチ、イトム Moto Guzzi,Itom (8)
  • ラヴェルダ、マセラティ、ミヴァル Laverda,Maserati,Mi-Val (11)
  • モンディアル Mondial (9)
  • モトビ Motobi (7)
  • モリーニ Moto Morini (8)
  • MVアグスタ MV Agusta (5)
  • パリラ Parilla (12)
  • ルーミ Rumi (4)
  • セッテベロ 1 Settebello1 (5)
  • セッテベロ 2 Settebello2 (16)
  • セッテベロ 3 Settebello3 (4)
  • アラドーロ Ala d’Oro (14)
  • ストルネロ スポルト Stornello Sport (5)
  • その他 (14)


  • LINKS
  • モト・イタリアーノ公式ホームページ
  • モトビクラブ公式ホームページ
  • twitter


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

    イタ車考
    du28

    古いイタ車を見てると各メーカーごとに個性があって、“向こうがそれでいくのなら、こっちはこれでいってやる”的に自分たちが最善と思うメカやデザインを競っていてとても面白い。
    これは当時から思われていたらしく、58年ごろのモーターファン誌にイタ車の設計が他の国となぜ違うのか、イタ車の特異性として次のようなことがかかれている。(一部抜粋)

    1.輸出依存度が高く、輸出先は技術の先進国が多い。
    2.レースの成績が国内販売や輸出に影響する。
    3.航空機生産会社がバイクからバスまで造ってる例が多々見られる。
    4.選手にエンジニアや博士号を持つものがいる。
    5.親子や兄弟で造ってる場合もあり親から子へ技術や設計の伝承がある。
    6.選手出身の経営者がいる。
    7.デザイナーに技術者や数学に達者な人がいる。
    8.道路がかなり整備されている。
    9.大量生産はピアジオやイノチェンティに任せ、ほかは少中量生産で競争する。
    10.メーカーの数が非常に多い。→魅力あるものを造らないとつぶれてしまう。
    11.流体力学や外板応力は第一次大戦時から得意であった。
    12.蒸気機関の時代から工場生産の経験がある。
    13.ダビンチ等の先駆者がいる。
    14.勝負に勝つ為なら他の部分に若干の欠点があっても意に介さず設計する。
    15.機構学の応用に優れていてシンプルにまとめる事ができる。

    なるほどとうなずける感じ。
    50年前、イタリアは日本より技術的先進国でデザインもメカニズムもはるかに進んでました。
    だから50年前のバイクが今見てもあまり古臭く感じない(逆にカッコいい)のはそのせいだと思います。
    イタ車はすぐ壊れる・・・・は50年代から60年代車には当てはまりません。日本車の方がよっぽど壊れる。
    当時の日本車より耐久性も信頼性も有り、さらに乗って楽しめるという最大の魅力が古いイタ車にはあったのでした。

    スポンサーサイト
    【2008/06/22 22:18】 その他 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。